訪問看護師求人ランキング >> 保健師と看護師の違い

訪問看護の保健師と看護師の違い

※求人サイトランキングはコチラ!

訪問看護師は、各家庭の家に入って行って、在宅医療を行なうスタッフです。そういう説明を聞くと、保健師とは何が違うのかと疑問に思ってしまう人もいるようです。一体、保健師と在宅の訪問看護師、何が違うのでしょうか?

■保健師と訪問看護師は、人に対するアプローチが違う
そもそも、保健師と看護師は、人に対するアプローチが違います。別にその違いは、訪問看護師であろうとも、病院で働く看護師であろうとも、クリニックで働く看護師であろうとも一緒です。

保健師は健康な人が病気にならないように努力する仕事で、看護師は健康でない人が病気やケガから回復できるように補助する仕事なのです。その違いを踏まえて考えれば、保健師と訪問看護師の違いが、よく分かります。

■保健師は、人々の健康を守る仕事
例えば市区町村に身を置く行政保健師も、その自治体の中にある各家を回ります。回りながら、何か生活を送る上での問題がないかを、地域の住民に聞いて回ります。なぜ、そのような訪問を続けるのでしょうか?理由は、その地域に住む人々が健康な生活を送れるように、社会を整えていこうとしているからです。

健康な人の健康が奪われないように社会を守る保健師です。健康が脅かされるような出来事が起きれば、その出来事の解決に取り組みます。つまり、保健師とは健康を守る仕事です。人々が傷病に苦しまないように、人々が寝たきりにならないように、人々が心の病に掛からないように、色々な手を差し伸べ、色々な専門知識でサポートするのです。

■訪問看護師は、人々の健康を取り戻させてあげる仕事
一方の訪問看護師は、役割が違います。何らかの理由で傷病に掛かってしまった人の健康を、もう1度取り戻させてあげる仕事です。例えば転倒して足を骨折してしまった高齢者がいたとします。その高齢者は整形外科を退院して、自宅に帰りました。しかし、まだ足は完全に治っておらず、歩行も困難です。言い換えれば、その高齢者は健康を失った状態のままなのです。

そう言った場合に、訪問看護師の出番になります。わざわざ病院まで出かけて、リハビリをしたくないと思う高齢者はたくさんいます。そうした高齢者の自宅まで出向いて、足の回復を手伝います。経過を見守り、食事生活を改善させ、運動を取り入れ、リハビリを施し、その高齢者が健康な生活を取り戻すまでサポートし続けるのです。

■保健師と訪問看護師の違いを理解すれば、やりがいも理解できる
大半の人は健康な状態で生まれて、健康な状態で育ちます。その生まれながらに持っている健康を守る仕事が保健師です。保健師の仕事を一言で表現するなら、予防という言葉がぴったりです。予め手を打って、人々の健康を守るのです。

一方、生まれながらに持っている健康も、何かがあれば簡単に失われてしまいます。しかし、人には回復する力があり、回復したいと願う想いがあります。その力や想いに寄り添いながら、医学的なサポートをしていく存在が看護師です。その看護を、患者の家まで出むいて行なう人材が、訪問看護師だと言えます。

両者は大きく違っています。その違いを見比べれば、それぞれの仕事のどこに、やりがいと魅力があるのかが分かります。応募する前によく考えてみて下さい。

訪問看護師の求人探しならこのサイトが便利!

  • 第1位

ナースフル

運営会社: 株式会社リクルートメディカルキャリア,対象地域:全国



ナースフル公式申し込みページへ進む
  • 第2位

ナース人材バンク

運営会社: 株式会社エス・エム・エス,対象地域:全国



ナース人材バンク公式申し込みページへ進む
  • 第3位

マイナビ看護師

運営会社:株式会社マイナビ,対象地域:全国



マイナビ看護師公式申し込みページへ進む