訪問看護師の服装

※求人サイトランキングはコチラ!

訪問看護師の世界は、これから成長が見込まれる分野ですが、まだまだ外部からは分からない点が多いです。例えば基本的な話ですが、普段はどのような服装で働くのでしょうか?

■ナース服とは限らない
病院やクリニック、健診センターで働く看護師は例外なくナース服を着て働きますが、訪問看護師の場合は、ナース服とは限りません。もちろん、ナース服で働く訪問看護ステーションもありますが、おそろいのジャージを着させる施設もありますし、逆に看護師の自由にさせる施設もあります。別に、ナースがナース服で働かなければいけない理由はありません。ナースキャップ1つにしても、ナースはナースキャップをかぶるという慣例があっただけで、絶対的なルールがあるわけではないのです。

■そもそもナース服の役割は?
そもそも、ナース服の役割は何なのでしょうか?なぜ、ナース服は白いのでしょうか?ご承知の通り、汚れを目立たせるためです。患者の血液や使用中の薬剤などが衣服に付着した時、黒い洋服だったら汚れが目立ちません。危険な薬剤が付着したのにもかかわらず、気づかずに院内を歩き回ったら危ないです。そうした事故を防ぐためにも、ナース服は白いのです。

ナース服は、医療の現場でナースが着続けてきた実績もあります。看護師仕事をするために改良されてきた衣服でもあるので、ナース服が結局一番働きやすいという意見も多くあります。

そのため結局はナース服を着て働く施設が多いです。訪問看護ステーションまでは私服で行き、事務所で着替えて現場に向かうイメージです。最後は事務所に戻ってきて、私服に着替えて帰宅する流れになります。

■ナース服は、医療の雰囲気が出過ぎるデメリットもあり
一方で、ナース服を着させない訪問看護ステーションもあります。スウェットの上下や、ジャージの上下など、運動しやすい格好を用意する施設もあります。その理由は、ナース服が医療従事者の雰囲気を出しすぎるからです。訪問看護は自宅で行います。自宅で自然に医療を受けたい患者からすると、ナース服を着たスタッフは嫌なのです。

また、訪問看護師の仕事には、リハビリも含まれます。筋力維持のために近所を一緒に散歩するような仕事もあります。患者と2人で公園を歩いている時に、一方がナース服だったら明らかに浮きます。ナース服を着られると困る患者も実際にいるのです。

■訪問看護ステーションに入る際は、事前にどんな服装で働くのかチェックしよう
訪問看護ステーションの求人に応募する際は、服装もチェックしておきましょう。やはり、医療従事者の誇りとしてナース服を着たいという人は、ナース服を着て働ける施設に応募しないといけません。スウェットやジャージでは気分がしまらないという人は、ナース服を着て働ける場所を選ばなければいけないのです。

その手の情報は、施設のホームページを見るか、ホームページが用意されていなければ、民間の転職支援サイトなどに聞くと分かります。意外と重要な点なので見落とさないで下さい。

希望に合った求人を探すならこのサイトがオススメ!

  • 第1位

ナースフル

運営会社: 株式会社リクルートメディカルキャリア,対象地域:全国



ナースフル公式申し込みページへ進む
  • 第2位

ナース人材バンク

運営会社: 株式会社エス・エム・エス,対象地域:全国



ナース人材バンク公式申し込みページへ進む
  • 第3位

マイナビ看護師

運営会社:株式会社マイナビ,対象地域:全国



マイナビ看護師公式申し込みページへ進む