訪問看護師の資格

※求人サイトランキングはコチラ!

訪問看護師の資格は、基本的には、看護師免許を持っていれば看護を行うことができます。しかし、医療と看護および介護は若干の違いがあるために、特別な研修を設けている医療機関もあります。一定期間の研修を受けることで、訪問看護認定看護師として認められます。

認定されるには、日本看護師協会の試験を受ける必要があります。それには、受験資格が必要です。看護師資格があることが最低条件ですが、通算3年以上の在宅ケアの介護および看護経験が必要です。さらに、訪問介護ケアの経験が、5例以上であることも問われます。また、看護師以外でも、保健、助産婦さんの免許があることでも、訪問看護師の試験を受けることができます。そのほかにも条件があるために、日本看護師協会のほうへの確認が必要です。

日本看護師協会のほうで決めている、訪問看護師の仕事の内容は、看護や介護だけの技術や知識だけではありません。通常の病院や医療機関が行っているように、高齢者や患者さんに対して、精神的なコンサルタントやリラクゼーションといった、メンタル面でのサポートが必要とされています。

訪問看護師は、各家庭をまわるために、必然的に地域の人々とのかかわりを持つことも考えられます。高齢者や患者さんのことだけを意識するのではなく、地域と密着したケアが必要なのです。介護や看護だけができるといった、技術的なことだけがクリアできたのでは、訪問看護師とは言えないのです。一般の看護婦さんは、病院内の建物のなかでの医療にたずさわるわけですが、こうしたところも、訪問看護師との違いがみえかくれしています。

日本看護師協会に認定されている、訪問看護師の数はとりわけまだまだ少ないために、認定されることにより、訪問看護師としての道が開けるのだと思われます。これからの日本においては、ますます高齢者が増えるために、訪問看護師が多く求められることには違いないでしょう。

訪問看護は、病院や医療機関での介護や医療ではないために、時間制限があることを忘れないようにしましょう。いつでも患者さんのベットを訪問することはできません。それだけに、事前にチェック項目を準備しておきましょう。少しでもおかしなことがあれば、報告をする義務があります。高齢者や患者さんの早期の回復のためにも、訪問看護師は、洞察力をつけておくのがいいと思います。アドバイスや指導を行いながら、少しずつの回復を目指すように努力をするのがいいでしょう。

訪問看護師の求人多数!このエージェントで求人を探そう!!

  • 第1位

ナースフル

運営会社: 株式会社リクルートメディカルキャリア,対象地域:全国



ナースフル公式申し込みページへ進む
  • 第2位

ナース人材バンク

運営会社: 株式会社エス・エム・エス,対象地域:全国



ナース人材バンク公式申し込みページへ進む
  • 第3位

マイナビ看護師

運営会社:株式会社マイナビ,対象地域:全国



マイナビ看護師公式申し込みページへ進む